胃腸の健康のためにしてます

日頃から健康でいるために心がけていることといえば、食事の量を腹八分目で抑えることです。太っていた頃には食事は満腹まで食べるものと思っていましたが、今ではもう少し食べたいかなというお腹に余裕がある時点でお箸を置くようにしています。

 

そうすることによって、満腹まで食べていた時には食後眠くなったりお腹が重くてキッチンの片付けが億劫でしょうがなかったものが、さっと椅子を立ってさっさと片付けるようになりました。健康面でも、ぎゅうぎゅうに詰め込まれることがなくなったおかげなのか、以前は結構頻繁に起きていた胸焼けが起こらなくなったおかげで調子がいいです。

 

ただ食事量を控えすぎると体力まで目減りしてくるので、食事の内容にも気をつけています。野菜は元々好きなので野菜がメインの食生活でも全く問題ないのですが、肉や魚も食べますし、揚げ物なども普通に食べます。

 

ダイエットをしているというほどではなくても、体型維持はしたいので筋力を落としたくないという意味でも必要だからですが、そういったものでも食べる量を美味しいからこそ少し物足りないくらいで抑えることで、体型も健康も維持できて美味しく食べ物をいただけるのだと思います。